マリノス ユニフォーム 2017 キッズ

東口バス5番のりばから東武バスイーストの常盤台経由・名戸ヶ谷行(柏28系統)に乗車し、「緑ヶ丘」で下車。 「新柏四丁目」で下車し徒歩15分。 これはJリーグのホームスタジアムとしてはJ1・J2を合せて(複数のスタジアムをホームとするクラブも含めて)17か所目の設置だが、日立製作所でイベント会場やスポーツ施設などに設置する大型映像装置を開発・製作していないため、オーロラビジョン(三菱電機製)を使用している。

ナイター照明設備はJリーグ規格に合わせて作り直した1993年に設置された。 また、ホームゴール裏応援席(西側スタンド)とメインスタンドの中間にあたるコーナー部分にクラブユニフォームサプライを担当するヨネックスと命名権を締結した「ヨネックスシート」が設置された。 その後2005年4月に西側ゴール裏に大型映像装置が設置された。

1993年、Jリーグ規格に合わせて作り直したが当初、千葉県立柏の葉公園総合競技場の建設が完成するまでのつなぎとしてオープンしたため、メインスタンド中央部以外は鉄骨製の簡易的なものとなっている(当初は全席とも鉄骨製だったが、1995年にレイソルがJリーグ昇格を果たした際、メインとバックスタンドの配置を入れ替えて(それまではメインが南側、バックが北側だったのをメインを北側、バックを南側に変更)メインスタンドの中央部分をコンクリート製のスタンドにした)。

平成28年1月23日(土)、日産スタジアムにおいて2016横浜F・マリノス新体制発表会が開催されました。 2014年にJ1通算100試合出場を祝し、寛平師匠「ご本人」が三ツ沢に駆け付けた。日立製作所サッカー部が1986年に東京都小平市から現在の柏市に移転するのを機に、日立製作所がその試合会場として柏市日立台公園の敷地内にオープンした(当初の収容人員は約5,000人だった)。

2016 マリノス ユニフォームについての他のすべては、当社のウェブサイト上で見つけることができます。

コメントする