サッカー ユニフォーム 19 20

を経て1995年3月分社・設立〠(株)ユニワーク 制服道場の会社案内のページです。 しかも、今回は全体的に砂をかぶっているのですが、特に何かにこすったのか、砂が入り込んだ部分があります。 1993年参入の「オリジナル10」の配色はクラブ毎に分かれており、鹿島はディープレッド、浦和は赤と白と黒、市原(千葉)は黄色、川崎(現東京V)は緑、横浜Mは青主体のトリコロール、横浜Fは白と青、名古屋は赤と黄、G大阪は青と黒、広島は紫であった。

名古屋グランパスに関しては大株主のトヨタが企業色が濃くなるとして胸スポンサーでの掲出を拒否していたが、胸部が寂しくなるとの理由でチームロゴを掲出させたといわれる(ただし、2001年よりTOYOTAロゴを掲出中)。 また開幕年にスポンサーを掲出していなかった鹿島アントラーズと名古屋グランパスはチームロゴを掲出していた。胸番号の採用理由としては同年から代表ユニフォームで胸番号が採用された説(日本代表も同年採用)、プロ野球説(1992年当時、セパ12球団すべてで胸番号を掲出していた)などが挙げられる。

ジェフ千葉(黄色)対清水エスパルス(橙色)では、両チームともホームユニフォームを着用していた。 これは1994年以降にJリーグに参戦したジュビロ磐田や柏レイソルなどにも適用された。 なお、当社の取締役は、10名以内とする旨を定款で定めております。胸番号の掲出はリーグの必須規定となり、以後2018年まで続いた。一社提供は独占供給契約が終了する1996年まで続いており、翌1997年からはリーグ戦用とカップ戦用で同一のユニフォームが使用されるようになった。

広島に関してはクラブフラッグに描かれていた3本の矢をエンブレム代わりに使用し、これは2004年まで続いた。 なおユニフォームの変更時期も現在とは異なり2年に1度(浦和、鹿島など)か、一度も変更しない(広島、市原など)のどちらかであった。一方で、Jリーグの開幕に先駆けて開催されたナビスコカップ(現・ルヴァンカップ)ではMizunoではなく、各クラブがサプライヤーを選択することができた。

%link%詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。

コメントする